口腔外科

親知らずや顎関節症の治療は口腔外科で

口腔外科とは歯や歯ぐきだけでなく、お口の中のすべての部分、つまり舌や頬、上あご、下あご、唇、さらにはあごの骨や関節などに生じた病気を治療する診療科です。具体的には親知らずの抜歯や顎関節症(がくかんせつしょう)、口内炎などの治療を行っています。

こちらでは鹿児島の歯医者、大浦歯科クリニックが行っている口腔外科治療についてご説明します。生えかけの親知らずをどうしたらよいのか迷っている方、あごが「カクカく」鳴るのが気になる方、まずはお気軽にご相談ください。

親知らず、抜いても大丈夫なのはなぜ?

親知らず、抜いても大丈夫なのはなぜ?

「むし歯になっていないのに抜く必要はあるの?」
「抜歯したら何か悪影響があるのでは?」

……など、親知らずを抜くことを心配される方もいらっしゃるかもしれません。じつのところ、やわらかい食べ物の多い現代の食生活において、親知らずはほとんど役割を果たしていないと考えられています。

親知らずのすぐ前に生えている第二大臼歯、いわゆる奥歯に比べて、親知らずは歯の根が短く、咬み合わせに果たしている役目も小さくなっています。実際に親知らずがまったく生えてこない人も増えてきていますが、そういった方が不便を感じているという話を耳にすることはありません。

それどころか、上下がきれいに生えそろっている永久歯の列に、あとから親知らずが生えてくることによって、隣り合う歯を傷めてしまうことさえあります。つまり親知らずを抜くことによって、健康な永久歯を守ることにもつながるのです。

もちろん、正しい位置に生えてきて、まわりの歯に影響を与えず咬み合わせにも問題のない親知らずであれば、あえて抜く必要はありません。生えかけている親知らずを抜くべきかどうか心配な方は一度当院までご相談ください。

こうなる前に抜きましょう!

親知らずが生えてきても、「歯ぐきがたまに腫れる程度だから……」と放置しておくと、隣り合う歯に悪影響を及ぼしたり、最悪の場合、咬み合わせに欠かせない第二大臼歯を失ったりしてしまうこと。次のような症状が出る前に、早めに親知らずを抜くことをおすすめします。

隣の歯がむし歯に!

隣の歯がむし歯に!

親知らずが隣り合う歯の方向に生えてくると、親知らずの下に食べカスや細菌などが溜まりがちになります。歯みがきの際の歯ブラシの毛先も届きにくく、隣の第二大臼歯がむし歯になってしまうことも多いのです。

しかも歯ぐきの下にむし歯ができてしまうと、外からは気づきにくく、痛みなどの症状によってむし歯に気づいたときには重度のむし歯になっていることもあります。こうなってしまうと大がかりな治療になり、最悪の場合には大切な奥歯を抜かなければならないこともあるのです。

歯を支える骨を失った!(智歯周囲炎)

歯を支える骨を失った!(智歯周囲炎)

親知らずの下に溜まった食べカスや細菌などによって炎症が起き、歯ぐきが腫れたり、歯を支える骨が溶けたりすることがあります。最初のうちは疲れたときに痛みや腫れる程度ですが、放置してくと重症化していき、頬や扁桃腺が腫れたり、発熱したりすることもあるのです。

親知らずを抜歯して溜まっている汚れをとり除けば、腫れによる痛みなどはおさまります。しかし親知らずを抜いてしまうと、支えとなる骨を失った隣の歯もグラグラ状態になってしまいます。グラつく歯を固定し、骨の再生をじっくり待つしかありません。

とはいえ、一度失った骨の再生は簡単なことではありません。治療が長引き、最悪の場合は隣の歯も抜歯しなければならないこともあります。

歯並びや噛み合わせが悪化!

歯並びや噛み合わせが悪化!

変な方向に生えてきた親知らずを放置してくと、隣の奥歯を押すことになります。さらに、ドミノ倒しのように前の歯を動かしていき、全体の歯並びや咬み合わせが悪くなってしまいます。歯並びや咬み合わせが悪くなると、うまく咬めなかったり顎関節症を引き起こしたりすることも。

こうなってしまうと、親知らずを抜いてから、順に倒れた歯を引き起こしていく矯正治療が必要です。一部の歯だけの矯正で済む場合もありますが、全体のバランスを改善するために、全矯正が必要になることもあります。

PICK UP! あごの運動療法

あごが「カクカク」と鳴るのを運動によって改善することができます。あごが鳴るのは、あごの関節にある「関節円板」というクッションが前にずれてしまっているからです。運動によって、関節円板を正しい位置に戻すことが可能です。

毎食後、次の運動を5分間繰り返して行ってください。暇なときにも繰り返すようにすると、さらに症状は改善するでしょう。

(1)普通に咬んでください。この状態では、関節円板は前方にずれています。
(2)大きく口を開けてください。「カクッ」と音がします
(3)口を最大に開けると、関節円板は正しい位置に戻っています。
(4)最も大きく開けた状態から下あごを前に突き出しながら口を閉じてください。こうすると、関節円板は正しい位置で保たれます。
(5)上下の歯を滑らせながら下あごを後ろに引いてください。関節円板は正しい位置のままで保たれています。

なお、(5)のときに、後ろに引きすぎると関節円板は再び前にずれ落ちてしまいます。ずれ落ちたときは口を開けると「カクッ」と音がします。そうならないギリギリのところで止めるようにしてください。

当院の口腔外科メニュー

口腔外科では、お口の中全般にわたる症状について診療しています。どこで診てもらったらよいのかわからないという症状がある方、ぜひ一度当院までご相談ください。

口の中のできもの

舌や頬の粘膜、あごの骨の中に良性腫瘍やがんなどができることがあります。当院の定期検診では、お口の中全体を診ていますので、腫瘍の早期発見にもつながります。治らない口内炎など気になる症状があれば放置しておかずに、早めにお越しください。

骨の中ののう胞

骨の中ののう胞

「歯根のう胞」といって歯の根の先に膿が溜まり、袋ができていることがあります。こののう胞があごの骨の中で徐々に大きくなっていき、痛みを感じたときには大きくなっており、手術でとり除かなければならないこともあるのです。

のう胞の存在は、お口全体のレントゲン撮影によって見つかる場合が多くあります。当院では定期検診の際にのう胞の有無を確認しています。

親知らずなどの抜歯

親知らずは放置しておくと、まわりの歯に悪影響を及ぼす場合があります。たとえば親知らずの前の歯がむし歯になった場合でも気づきにくく、両方の歯を抜かなければいけないことがあります。さらに親知らずのまわりの歯ぐきは炎症が起きることが多いのです。

親知らずなどの抜歯

このため親知らずは抜いた方がよいのですが、抜歯は簡単な手術ではなく、術後に痛みが続くこともあります。当院では抜歯を行う際には、抜歯後に起こりうる症状とその対応について説明を行ってから、安全な抜歯を目指しています。

口内炎や粘膜のあれ、舌の痛み

口内炎や粘膜のあれ、舌の痛み

口内炎は疲れたときやストレスが溜まっているとき、免疫力が後退しているときなどによく起こります。2、3日で治ることも多いのですが、何日も痛みが続いて、食べ物がのどを通らないということもあります。

また粘膜のあれや舌の痛みなどは原因がわかりにくく、診断は簡単ではありません。お口の中に不具合があるときには自己診断せず、早めに当院までご相談ください。

あごの骨折

あごの骨折

交通事故や遊具から落下したときのケガなどで、あごの骨が折れてしまうことがあります。咬み合わせが変わってしまうこともありますので、早めにご来院ください。当院で対応できないケースではすぐに他の病院へご紹介しますので、ご安心ください。

顎関節症(がくかんせつしょう)

顎関節症(がくかんせつしょう)

さまざまな原因によってあごの痛みは起こりますが、一番多いのは顎関節症です。あごを動かすときに傷んだり、口を開閉すると「カクカク」音が鳴ったりする場合、顎関節症の可能性があります。当院では理学療法や運動療法など、症状に応じて適切な治療を行っています。

DOCインプラント鹿児島 大浦歯科クリニックの想いについて

診療のご予約やお問い合わせはこちらから

トップへ戻る