予防歯科

治療よりも予防が大切です

近年では、歯の健康を守るためには、「治療よりも予防が大切」という考え方が一般的になってきています。とはいっても、むし歯や歯周病などの病気にかかる前に、予防歯科を訪れる人はあまり多くありません。

こちらでは、鹿児島の歯医者「大浦歯科クリニック」が、予防歯科やメインテナンスの重要性についてご説明します。痛みや出血などの異変が起こってからの治療はもちろんですが、とくに気になる症状がなくても、歯科医院で定期検診を受けることによって、お口のトラブルの早期発見に努めましょう。

定期的なメインテナンスの重要性

定期的なメインテナンスの重要性

日本人の場合、70歳時点での平均残存歯数はわずか8本です。それに比べてスウェーデンなどの北欧諸国をはじめ欧米の国々では15~20本というように、日本の倍以上の歯を残しています。この違いはどこから来るのでしょうか?

スウェーデンなどの歯科先進国において、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けている人の割合は90%近くいます。アメリカでは80%以上、イギリスでも70%近くという割合なのですが、残念ながら日本の場合はわずか2%。

その歴然とした差が、70歳になったときの残存歯数に現れています。「高齢になれば歯が抜けるのは当たり前」という考えはありません。定期的なメインテナンスによって、高齢になっても自分の歯を残すことができるのです。

定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている人の割合

むし歯にならないために

むし歯にならないために

お口の健康を守るためにまず大切なのが、患者様ご自身が自宅で行う「セルフケア」です。セルフケアの基本は毎日行う歯みがき。食べカスや細菌が残らないように、1本1本を丁寧にブラッシングしましょう。歯みがきの際にはフッ素配合の歯みがき剤を使うのも効果的です。

とはいえ、セルフケアだけでは十分でありません。自分でしっかりと歯みがきしているつもりでも、どうしてもみがき残しが発生してしまいます。そのために受診していただきたいのが「予防歯科」です。

定期的に歯科医院を受診し、定期検診を受けてお口のトラブルに早めに対処したり、歯科医師や歯科衛生士によるクリーニングを受けたりしましょう。また正しいセルフケアを知るために、歯みがき方法や生活習慣指導を受けるのもおすすめです。

予防コースのご案内

頑固な歯の汚れ(歯垢や歯石)を私たちプロフェッショナルが特別な器具を使って丁寧にクリーニングします。「予防コース」の受信の間隔はおおよそ3~6カ月に1回となります。お気軽にご相談ください。

PMTC

PMTC

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、口腔衛生のプロによる歯のクリーニングのこと。歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使用して、通常の歯みがきでは落とし切れない汚れやプラークを除去します。

ジェットクリーニング

ジェットクリーニング

専用の機械を使用して水とパウダーを歯面にジェット噴射し、細部の汚れやヤニなどを強力に除去します。歯の表面がツルツルになり、汚れの再付着を防ぐこともできます。

ブラシによる歯面清掃

歯面清掃

ブラシによる歯面清掃です。保険診療となりますので、保険が適用されます。予防コースは自費診療と保険診療とを併用して受けられることをお勧めしております。

診療メニュー

定期検診

定期検診

むし歯や歯周病には早期発見&早期治療が何より大切です。歯科医師が患者様のお口の健康状態を徹底的にチェックします。

プラークの染め出し

プラークの染め出し

歯の表面に特殊な液を塗布し、プラーク(歯垢)が残っている箇所を染め出します。歯ブラシをどのように動かしたらプラークを落とせるのか、患者様ご自身で確認できます。

カリエスリスク診断

カリエスリスク診断

カリエスリスクとはむし歯にかかる危険度を指します。患者様のセルフケアや生活習慣に関するアンケートとだ液の検査によって、むし歯にかかりやすいかどうか調べます。

咬み合わせチェック

咬み合わせチェック

咬み合わせが乱れていると上下の歯でしっかり咬むことができず、お口のトラブルにもつながります。咬み合わせをチェックして、問題がある場合には矯正治療などを検討します。

生活習慣指導

生活習慣指導

お口の健康には、食事の内容や歯みがきのタイミング、間食の有無、睡眠時間、喫煙習慣などの生活習慣が大きく影響します。糖分の少ない食事や、食後すぐに行う歯みがきなど、生活習慣改善のための指導を行います。

歯みがき指導

歯みがき指導

お口の状態や歯並びによって、最適な歯みがき方法は異なります。患者様に合わせて、効果的な歯みがき方法の指導を行います。歯と歯のすき間などは、デンタルフロスの使用をおすすめすることもあります。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促進し、歯を強くする作用があるので、フッ素塗布はむし歯予防に効果があります。お子さんの歯をむし歯から守るためにも定期的にフッ素を塗布しましょう。

DOCインプラント鹿児島 大浦歯科クリニックの想いについて

診療のご予約やお問い合わせはこちらから

トップへ戻る