院長紹介

院長とスタッフの紹介

鹿児島の「大浦歯科クリニック」は、鹿児島県民のお口の健康を守っていくことで、地域医療に貢献したいと考えている歯科医院です。こちらでは、当院院長をはじめ、大浦歯科クリニックのスタッフをご紹介します。

私たちは「患者さんの喜びが我々の喜び」をモットーに、常に患者様の立場に立って医療に取り組むことを目指しています。お口に関して気になる点があれば、お気軽に当院までご相談ください。

院長 大浦教一

メッセージ

メッセージ

現代では「自分のからだは自分で守る」という健康志向が高まりつつあります。私たちはこうした時代のニーズに着実に応えていくためにも、安全・安心な医療をご提供し、患者様の健康を守り続けていきたいと考えております。

医療法人礼仁会は、1991年11月1日に鹿児島で開業以来、『使命感医療』を第一の理念としています。患者様に安心して治療を受けていただき、満足してもらえる診療所づくりのために、「地域医療貢献」「在宅医療の充実」「最新医療の導入」に積極的に取り組んでまいりました。

私たちは患者様の喜びが私たち自身の喜びとなり、常に患者様の立場で医療に取り組むことで、さらなる患者様満足度の向上を目指し精進してまいります。そのためにも患者様お一人ひとりの症状やご要望に合わせて、最善の治療をご提案していきます。

私たちはこれからも地域の皆様のお口の健康のために全力を尽くしてまいりたいと考えています。今後ともよろしくお願い申し上げます。

略歴
1982年 岐阜歯科大学卒業
鹿児島大学歯学部第一口腔外科に研究生として入職
1984年 鹿児島大学大学院歯学研究科入学
1988年 鹿児島大学歯学博士歯研第1号授与
鹿児島県立大島病院歯科口腔外科部長就任
1989年 大浦歯科クリニック開院
2006年4月1日~2015年3月31日 鹿児島大学医歯学総合研究科生体機能制御講座口腔常態解析学非常勤講師

現在に至る

資格・所属学会 歯学博士(鹿児島大学大学院修了)
1社)日本レーザー歯学会 専門医・指導医・常任理事
日本歯科用レーザー学会 認定医・指導医・常任理事・九州支部長
国際レーザー歯学会 会員
AQBインプラント 指導医
(社)日本先進インプラント医療学会 インプラント専門医・指導医・理事・南九州支部長
(公社)日本口腔外科学会 会員
業績 大浦教一,原田修逸:炭酸ガスレーザーの歯周治療への応用.日レ医誌,38:186-191,2017.

※表は左右にスクロールして確認することができます。

スタッフからのメッセージ

当院では、生まれ持った歯を大切にするために、「できるだけ抜かない」「できるだけ削らない」治療を目指しています。そのためにもレーザーやマイクロスコープ、歯科用CTなど最先端の設備機器を駆使して、患者様の歯へのダメージをできるだけ抑えるように努めています。

スタッフからのメッセージ

当院では、治療内容を丁寧にご説明し患者様から同意を得たうえで治療を行う「インフォームドコンセント」を徹底しています。治療内容にご納得いただけない場合、無理に治療を進めることはありません。ご理解いただけるまで時間をかけてご説明しますのでご安心ください。

スタッフからのメッセージ

私たちは、お口の健康を守ることで皆様に健康で美しく楽しい人生を送っていただきたいと願っております。診療室からは桜島が一望でき、リラックスして受診いただくことが可能です。「挨拶は心のパスポート」を合言葉に、笑顔の挨拶で皆さんをお迎えします!

サイドパウチ

診察室で患者様にお見せするレーザー治療説明パウチです。無料でダウンロードできますので、お気軽にご利用ください。

※診療サイドパウチをダウンロードされる歯科医師の皆様へ
ダウンロードして実際に患者様への説明に使用する場合は、十分な診査診断のうえ、個人差や治療期間、効果などについてレーザー治療のリスクの説明をお加えください。こちらの説明パウチのご利用はダウンロードされた歯科医師の自己責任で行ってください。

歯科医院様
診療室で患者様にお見せするレーザー治療説明パウチです。
無料でダウンロードできます。ご利用ください。
待合室レーザー治療説明マンガを作製しました。
申込はダウンロードしてファックスでお申し込みください。
トップへ戻る